TOP

2018年7月21日土曜日

ブルーパブ行ってみた ⑤ ~東京・十条 Beer++ / すいけんブルワリー~


東京・十条 Beer++/すいけんブルワリー


十条 Beer++ / すいけんブルワリー

先日、赤羽で飲み会があり向かってたんですが、なんだか早く着きそう。

そこで自分だけフライングして一駅手前の十条駅にあるブルワリー、

「すいけんブルワリー」のパブBeer++に行ってみました。



いよいよ自分のビールくずっぷりも板についてきた感じがします。

ちなみにビアプラスプラスはとっても駅近です。




Beer++の店内


駅を降りて線路沿いにさっそくお店を発見。

ビールのキャラがかわいい感じです。

のもうよ十条ビール!Bee++
のもうよ十条ビール!Beer++

お店は1階と2階があるみたいです。

1階はお一人様がメインの立ち飲みスペース、

2階は今回は時間がなく見れませんでしたが、

イスがあってグループでもこれる感じなのかな?と思われます。

ビアラインナップがこちら。どれも美味しそう。

十条 Beer++ / すいけんブルワリー
Bee++ビールのラインナップ

百式、アンバーエール、完熟ヘイワードストロングエール、

ピートストロングエール2017、黒糖サマーブラック(柿)と

どれもユニークなビールで迷います。

すいけんブルワリーのビールだけでなく、ゲストビールもありました


すいけんブルワリーのビール


悩んだ結果、百式をオーダー。

百式 (すいけんブルワリー)
百式 (すいけんブルワリー)
香り:★★☆ 
苦み:☆☆☆ 重さ:★★☆
ABV:7.2%

ピンクペッパーを使用したエールだそうで、

柑橘と少しスパイス的な感じの香り。

甘い味もしてめっちゃ飲みやすい。

ビール苦手な人も飲めちゃう感じだと思います。




飲んでいるとお店の方のご厚意で、手作りマスタード&生ハムを

1階の方々に差し入れがあり、みんなで回しながら食べたりしてとってもいい雰囲気。

なんだかそのまま十条に住みたくなるような、

とっても居心地のいいローカルなブルワリーでした。

十条 Beer++ / すいけんブルワリー



2018年7月19日木曜日

クラフトビール図鑑 #82 ロンドンプライド (フラーズ) [イギリス]


ロンドンプライド (フラーズ) [イギリス]

ロンドンプライド (フラーズ) [イギリス]
London Pride (Fuller's)

ビスケットやパンみたいなフレーバーとちょっとハチミツっぽい香り。

フラーズESBもそんな感じの香りがした気がする。

泡少なめで、ほんのり甘いですが、そこまで残らずスッキリな感じ。

ホップ感はなし、苦味もなしの英国っぽいモルティーなエール。

ホップはビタリングにターゲット、アロマにノースダウン、

チャレンジャー、ゴールディング。

モルトはペールの他、

クリスタルとチョコレート。

香り:★☆☆
苦み:★☆☆
重さ:★★☆
種別:エール
購入:みつや 阿佐ヶ谷
ABV:4.7%
IBU:35


2018年7月18日水曜日

クラフトビール図鑑 #81 ジンジャーラガー (シエラネバダ&サーリー) [アメリカ]


ジンジャーラガー (シエラネバダ&サーリー) [アメリカ]


ジンジャーラガー (シエラネバダ&サーリー) [アメリカ]
Ginger Lager (Sierra Nevada & Surly Brewing)


シエラネバダとミネソタ州サーリーブルーイングの

ビアキャンプでのコラボビール。

ジンジャーとカイエンが入ってて、

オークでエイジングもされてるみたいです。

すごい生姜の香り。

飲むと甘さがあり、ほんのりピリッとして生姜感満載です。

なんだか風邪が治りそうなラガー。

香り:★★☆
苦み:★☆☆
重さ:★★☆
種別:ラガー
購入:イオンリカー
ABV:6.2%
IBU:20

2018年7月16日月曜日

ブルーパブ行ってみた ④ ~東京・経堂 後藤醸造~


東京・経堂 後藤醸造


後藤醸造

狛江のビアセラー東京の帰り道に、後藤醸造に行ってきました。

東京農大がある経堂ちかくにあるブルワリーです。

場所はほんと経堂駅から歩いてすぐ。

駅近なのでとっても行きやすいです。





歩いて向かっていると、看板を発見。

クラウドファンディングもやってるみたいですね。

ブルーパブ行ってみた ④ ~東京・経堂 後藤醸造~ クラウドファンディング
クラウドファンディングの連絡も

後藤醸造の店内


基本立ち飲みな店内。お一人様も行きやすい感じでした。

落ち着いた感じのおしゃれなお店です。


ブルーパブ行ってみた ④ ~東京・経堂 後藤醸造~ 店内
おしゃれカウンター

後藤醸造のビールは2つほど、

経堂エール、スプリングフィールドがありました。

あとはゲストビールとして、

ストレンジやノースアイランドのビールがありました。


ブルーパブ行ってみた ④ ~東京・経堂 後藤醸造~ 店内
後藤醸造ビールの他ゲストビールも

後藤醸造のビール


一番スタンダードっぽい経堂エールを頼んでみました。

草っぽい青い感じと味も相まって枝豆的な?

青い感じがするエールでした。



ブルーパブ行ってみた ④ ~東京・経堂 後藤醸造~ 経堂エール
経堂エール (後藤醸造)
香り:★☆☆ 
苦み:★☆☆ 重さ:★★☆
スタイル:アメリカンペールエール

後藤醸造のビール工場


となりは後藤醸造の工場になっています。

工場は外からでもすこし見学できますが、

こちらもご厚意ですこし少し拝見させていただきました。
(ありがとうございました)

前によっていた和泉ブルワリーとうって変わって

国内的な醸造設備な感じ。(詳しくはわからないですが)

工場ってブルワリーによって結構違くて面白いです。


ブルーパブ行ってみた ④ ~東京・経堂 後藤醸造~ ブルワリー
後藤醸造の工場の様子

駅近でふらっとよりやすいお店でした。

2018年7月15日日曜日

クラフトビール図鑑 #80 ルポニック・ディストーション レボリューション009 (ファイアーストーン・ウォーカー) [アメリカ]



ルポニック・ディストーション レボリューション009 (ファイアーストーン・ウォーカー) [アメリカ]


ルポニック・ディストーション レボリューション009 (ファイアーストーン・ウォーカー) [アメリカ]
Ruponic Distortion (Firestone Walker)

アメリカ西海岸・カリフォルニアのブルワリーのIPA。

柑橘より草の香りが強めで苦めです。

ルプリン中毒症状がでたら飲みたいIPA。

シリーズモノの9番めみたいですね。

香り:★★★
苦み:★★★
重さ:★★☆
種別:IPA
購入:イオンリカー高円寺
ABV:5.9%

2018年7月14日土曜日

ブルーパブに行ってみた その③ ~東京・狛江 ビアセラー東京/和泉ブルワリー~


東京・狛江 ビアセラー東京/和泉ブルワリー


ビアセラー東京


東京・狛江のブルーパブ「Beer Cellar Tokyo」に行ってきました。

和泉ブルワリーが併設しているパブで、

アメリカ・オレゴン州のクラフトビールやハードサイダーも販売しています。

場所は狛江駅を降りて徒歩10分ちょいぐらいです。





Beer Cellar Tokyoの店内


割と住宅街な雰囲気の道を歩いていくと、

おしゃれなパブを発見。ここがビアセラー東京です。

お昼からやってるみたいですね。

東京狛江・ビアセラー東京 店内

コンクリうちっぱなしのおしゃれな店内。

黒板にはクラフトビールの銘柄がびっしり。

オレゴンのギルガメッシュなどのゲストビールも充実しています。

店内はカウンターがあって、立ち飲みメインな感じ。お一人様も行きやすい。

東京狛江・ビアセラー東京 店内
おしゃれコンクリな店内

ちなみにここはビールの量り売りも行っていて、

グロウラーでビールを購入できる素晴らしいシステム。

スタバでコーヒーをタンブラーに入れてもらうがごとく、

地元の方が結構頻繁に訪れていました。いいなあ。

東京狛江・ビアセラー東京 店内
持ち込みの入れ物にビールを入れてくれます

ボトルショップコーナー


こちらはボトル販売コーナー。

普段見かけないレアなクラフトビールがずらり。

東京狛江・ビアセラー東京 ボトルショップ
ボトルビール売り場

ハードサイダーもずらり。

ハードサイダーはりんごのお酒、シードルのことだそうです。

東京狛江・ビアセラー東京 ハードサイダー
ハードサイダー

店内にはパンの販売も。どこかのお店のものの様です。おいしそう。

ジョッキがキャッシャー。セルフレジです。

東京狛江・ビアセラー東京 パン
パンも売っています

カウンター前にはおつまみも販売しています。

エゾ鹿ジャーキーやスモークナッツがありました。

東京狛江・ビアセラー東京 おつまみ
食事はジャーキーやナッツが

和泉ブルワリーのビール


そしていよいよビールを注文。

注文したのは、ダブル・プレイ・サワー。

ものすごいチーズの香りと少し柑橘の香りも。

まだプロトタイプのものらしいです。

東京狛江・ビアセラー東京 ダブルプレイサワー
ダブルプレイサワー
香り:★★★ 苦み:★☆☆ 重さ:★★☆
種別:サワー

チーズ感は、乳酸菌発酵に由来するものみたいで、

味はサワーだけに酸味があります。

ホップはカスケードとモザイクを使ってるとのこと。

このプロトタイプはドライホップ1回ですが、本来のものは3回やるとのことでした。

ビールとチーズを同時に飲んでいるようなとても面白いビールでした。

ガラス越しのビール工場内


併設する和泉ブルワリーは店内からガラス越しに見ることができます。

運が良く、お忙しい中ご厚意にて少しだけ工場も見学させていただきました。
(ありがとうございました)

東京狛江・ビアセラー東京 和泉ブルワリー
和泉ブルワリーの様子

うーんかっこいい。

詳しくはわかりませんがデビルクラフトで見た設備と似ていて

アメリカ系の設備っぽい雰囲気でした。

東京狛江・ビアセラー東京 和泉ブルワリー 工場
アメリカ系っぽい設備

IZUMI BREWERYのロゴもかっこいいです。

ちなみにこの工場は外からガラス越しにでも見学できました。

東京狛江・ビアセラー東京 和泉ブルワリー 工場
ロゴがかっこいいタンク

なんだかオレゴンに来たような(オレゴン行ったことないですが)

とってもおしゃれなブルワリーでした。