TOP

ラベル ホップ栽培 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ホップ栽培 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年7月8日日曜日

ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~


ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~




前回収穫した自家栽培のフレッシュホップですが、

たくさん取れたので保存方法と使い道について。


収穫したフレッシュホップの保存方法


ホップ栽培の先輩方にフレッシュホップ保存方法を聞いてみたら、

一つには、「空気を抜いて冷凍する」方法があるみたいです。

家庭でやるには一番手軽な方法だったので、さっそくトライ。

(他にも乾燥させる方法もあるみたいです)


■フレッシュホップの保存方法(冷凍編)

1.ジップロックバッグにフレッシュホップを入れる。

2.ストローを差し込んだ状態で、できるだけ口を閉じる。

3.ストローからできるだけ空気を抜いて、そのまま冷凍庫へ。




まあ様は布団の収納と同じです。

(写真はまだ空気入ってるほうですが、もっと空気ぬけます)

空気を抜いて冷凍保存

フレッシュホップの使い道① ~醸造用~


保存が終わったら、あとは使い道。まずストレートに醸造用かと思います。

フレッシュホップ(またはホールホップ)はペレットホップに比べて

3~4倍の量が必要なので、すべての量を賄うというよりアロマ目的で

一部使用するのが多いかもしれません。

個人の場合は、酒税法合法下でのホームブルーイング(※)になるかと思います。

(※アルコール度数を1%未満に調整する)


自分はとうぜん醸造免許なんて持ってないですが、運よくたまたま巡りがあり

ホップ栽培してる実家の地元ブルワリー「柏ビール Komainu Brewery」さんで

栽培したホップを使ってもらえることになりました。これは嬉しい!

フレッシュなアロマが出ててとってもおいしかったです。

柏ビール 狛犬IPAとペールエール 新緑

ちなみに自家栽培ホップをドライホップで使う場合、

コンタミが気になるところですが、アメリカの掲示板なんか調べると

醗酵でアルコールが生成されている工程なら大丈夫っていう意見が多くて

「ホップ農場で働いてるが、市販ホップも同じようなもん」

「気にせずブルーイングを楽しめ」

っていう感じでしたので参考まで。

どうしても気になる方は、アロマ目的としては意味が薄れるかもしれませんが

ボイル工程で使用するのもいいかもしれません。


フレッシュホップの使い道② ~追いホップ~


お次は醸造用途以外で一番手軽な使い道、お気に入りビールに"追いホップ"です。

好きなビールにホップをそのままちぎり入れれば

フレッシュホップのルプリンがダイレクトにビールに反映されるので

とてもフレッシュなビールになります。

写真は柏ビールの"ペールエール新緑"にさらに追いホップしたもの。

ルプリンましましビールは、収穫後しかできない贅沢なビールですね。

フレッシュホップの追いホップビール
フレッシュホップの追いホップビール

とっても苦くなりますが、青くてフレッシュなアロマがプラスされて

究極のドライホッピングと言えましょう。

時間と共に苦くなっていくのも楽しいです。

ルプリンましまし

フレッシュホップの使い道③ ~天ぷら~


ホップはよく天ぷらにしてもよいと聞いたことがある人もいるかと思います。

こちらも柏ビールさんで収穫したホップ天ぷらを頂く機会があったので感想を。

味はタラの芽の天ぷらっぽくて美味しいです。

ただあまり噛み続けるともちろん苦くなるので、

天ぷらだけど喉越しを楽しんでください、とのこと。

まあアメリカンIPAをガンガン飲んでるホップ中毒の方々は平気かもしれません。

食べるW-IPAって感じですね。

ホップの天ぷら with 塩
食べるIPAことホップの天ぷら with 塩


その他ホップの用途としては、お茶としてホップティーにするとか、

みなさん色々試しているみたいです。

また新しい用途見つかったら試してみようと思います。


<<  [その⑨ ~2年目ホップの収穫高~]   

ホップを育ててみる その① ~入手経路一覧~
ホップを育ててみる その② ~鉢植え~
ホップを育ててみる その③ ~誘引~
ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~
ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~
ホップを育ててみる その⑦ ~2年目ホップの新芽と植え替え~
ホップを育ててみる その⑧ ~ホップの枝が折れたので挿し木してみる~
ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~
ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~

2018年7月2日月曜日

ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~


ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~


ホップ栽培

6月始めから、ホップの毬花が実をつけはじめたので、早めの収穫をしました。

去年はベランダと実家の庭の二つで育ててたんですが、

今回ホップの毬花をたくさんつけた株は、地植え2年目の株。

手間暇かけたベランダ株に比べて、割とほったらかしてた地植え株が

こんなガンガン育つとか、なんとなく釈然としませんが。


一番収穫できたのは信州早生


おお~結構毬花がなってます。国産品種の信州早生。

やっぱ日本の気候に合ってる品種なんですね。一番実がなってます。

2階まで伸びた信州早生
2階まで伸びた信州早生

ホップの苗を植えて1年目だった去年は、10個ぐらいしか収穫できなかったけど

今回は取れ高大です。うれしい。

信州早生の毬花
信州早生の毬花


2番目はアメリカのカスケード


次に収穫が多かったのがアメリカ出身、みんな大好きカスケード。

大きさが一番でかくて、結構縦長に育ちました。

宇宙ブルーイングのホップステップキャンプで見たやつはさらに長かったなー。

カスケードの毬花
カスケードの毬花

3番目は英国ノーブルホップのファッグル


イギリス品種のノーブルホップのひとつ、ファッグルにも毬花が。

信州早生ほどではないですが、しっかり実がなってます。

ファッグルの毬花
ファッグルの毬花

ちなみにその他のホップ(センテニアル、CTZ、チヌーク、チャレンジャー)は

毬花は出ていませんでした。残念。

まあ今年植え替えした元ベランダホップなので、

まだ地植えに慣れていないのかも。

ちなみにベランダ1年目にかかっていたうどん粉病なんかは

すっかり治っていました。そこはよかった。

地植え1年目ホップのCTZ
地植え1年目のCTZ

そして1年目枯れ果て寸前だった2年目のチャレンジャー

見事復活を果たし、小さいながらもちゃんと葉っぱを出していました。

やったぜチャレンジャー!

コイツだけはこまめに木酢液を吹きかけておいたからかも。

年目で復活を遂げたチャレンジャーホップ
2年目で復活を遂げたチャレンジャー

~そして収穫へ~


そしていよいよ収穫へ。農園とかだとツルごと切るそうですが、

ギリ手で取れそうだったので、ハシゴで手摘みすることにしました。

ちなみに各ホップの拡大の図。

順番に信州早生、ファッグル、カスケードです。

ファッグルは丸くて、カスケードは縦長ですね。

信州早生、ファッグル、カスケードのフレッシュホップ
信州早生、ファッグル、カスケードのフレッシュホップ

大きくなっているものを選びつつ、なんとか摘み取りました。

まだ小さい毬花もあったんで、もうちょっとたてばまた収穫できそうです。

たくさんのフレッシュホップ
たくさんのフレッシュホップ

ちなみに、こんなモンスターホップも発見。

でかいし、ホップ自体からもつるが伸びてて、なんかすごいことになってました。

面白いけど、こいつは跳ね出しておこう・・。

ホップモンスター
おばけホップ

その後収穫したホップは新聞紙に広げて、変色してるものをはね出したり、

小さい虫とかくっついてる時あるので、取り除いたりしました。

収穫後のホップ
収穫後のフレッシュホップ

そしてこのフレッシュホップの使い道と保存方法なんですが。

保存方法は、今年はホップ自家栽培の先人に聞いた方法で保存しました。

詳しくは長くなったので、続きにて。

<<  [その⑧ ~ホップの挿し木~]  [その⑩ ~保存方法と使い道~] >>    

ホップを育ててみる その① ~入手経路一覧~
ホップを育ててみる その② ~鉢植え~
ホップを育ててみる その③ ~誘引~
ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~
ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~
ホップを育ててみる その⑦ ~2年目ホップの新芽と植え替え~
ホップを育ててみる その⑧ ~ホップの枝が折れたので挿し木してみる~
ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~
ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~

2018年6月18日月曜日

ホップを育ててみる その⑧ ~ホップの枝が折れたので挿し木してみる~

挿し木すればホップの苗を増せる?



ホップは基本世話があまり要らない強い植物だなと感じる一方、

特に家庭の庭などでの栽培で気にしなければならないのは、"誘引"だ。

ホップはほっておけばまっすぐ伸びていくが、6m前後になるため

ベランダや家の庭でそんな高さなんてつけれない場合は、

時々"誘引"させてつるを回り道させ、距離を稼ぐ必要がある。


ホップのつると枝
つるや枝がどんどん伸びていきます

その際に自分がよくやってしまうのが、つるや枝を折ってしまうことだ。

慎重に誘引してても、ときどきポキッと折れてしまうことがある。

まあ折れても他の枝からまた伸びていくから問題はないんだけれど

なんだか勿体ないなーと思っていたが、

先日、「ホップは挿し木で増やせるらしい」と話を聞いた。


ホップを増やす方法に根っこを分割する"株分け"というものもあるが、

自分のホップの根っこはまだそんなに大きくなくて無理だし、

最近ホップの苗を買うことは毎年争奪戦なので、

折れちゃった枝を挿し木して苗を増やせたら、夢がひろがりんぐ!

ということでさっそくトライしてみる。


というか挿し木って何だ


でもよく考えてみたら、"挿し木"って実際やったことないことに気付き、

とりあえずネットで検索。ようは切れた枝を水とかに浸しておくと、

根っこが生えてくる現象らしい。ピッコロさん的な?植物ってすごい。

調べた感じ、挿し木の仕方はだいたいこんな感じらしい。

おおざっぱですみません。


■挿し木の仕方


ホップの挿し木
①枝の直前(節)を切る。

・断面を荒くせず、
 発根しやすくする。

②葉を半分切るか減らす。

・葉が多すぎて蒸散
 しすぎないように。
 3枚ぐらい?

③断面を水に浸す。

・水は時々入れ替え
 新鮮に。


他にも色々テクニックがあったり、発根促進剤?を入れたりするみたいですが、

めんどくさかったので、とりあえず切った枝を水に突っ込んで放置することに。

品種はちょうど枝が何本か折れちゃった「信州早生」に。



なんと発根した・・・


かなり適当に突っ込んだだけだったんですが、一週間ぐらいたったら

見事発根してる!うーんやっぱホップって生命力ある。

ホップのつるから根っこがでてる!
ホップのつるから根っこがでてる!

ただ根っこがまだ少なくて、すぐ土に移すのが不安だったので

もう1週間ぐらい水に突っ込んでおいたら、さらに根っこが。

ホップの根っこがワサワサ・・
ホップの根っこがワサワサ・・

これだけ根っこが増えたら大丈夫だろうと、

この後、土を入れた鉢にイン。

株分けをせずに信州早生を2株GETか!?

すごい、すごいぞ挿し木。

植木鉢にそのままイン!


ただ挿し木ホップは成長速度はどうなのか今後も要チェックです。

まだ根が小さいのでそこまですぐには成長しない気がしますが。

うまくいったら、レアなホップとかこの方法で増やそうと思います。


<<  [その⑦ ~2年目ホップの新芽~]  [その⑧ ~ホップの挿し木~] >>    

ホップを育ててみる その① ~入手経路一覧~
ホップを育ててみる その② ~鉢植え~
ホップを育ててみる その③ ~誘引~
ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~
ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~
ホップを育ててみる その⑦ ~2年目ホップの新芽と植え替え~
ホップを育ててみる その⑧ ~ホップの枝が折れたので挿し木してみる~
ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~
ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~

2018年4月24日火曜日

ホップを育ててみる その⑦ ~2年目ホップの新芽と植え替え~


2年目ホップに新芽が生えてきた



前年の春頃に初めて植えたホップは、秋頃に葉が落ち始め

冬にはすっかりまるはだかになっていました。

今年は雪が多かったので、地中で凍ってないか心配でしたが

さすがホップ、頑丈です。

3月頃に地植えのホップを見てみると、何やらワサワサと生えてる。

センテニアルホップ 苗
つくし?みたいな形態で萌え出たセンテニアルさん

見たこともない形態だったので、最初はホップと気付かず

"つくし"みたいな雑草だと思ってひっこ抜くところでしたが、

よくよく位置を考えると、状況証拠的にセンテニアルと確認。

去年苗から買ったのでこんな感じに生えてくるとは知らなんだ。


日本ホップの様子


ほかのホップも多少成長に差がありながらも芽が出ている様子。

まずは日本勢の信州早生。🇯🇵

日本の環境にあったホップですが、以外に遅いスタート。

去年はぐんぐん伸びたので、追い上げに期待。

国内ホップの信州早生
ちょろっと出た程度の信州早生(しんしゅう・わせ)

イギリスホップの様子


お次はイギリス勢。🇬🇧

寒い土地出身のホップですが、かなり遅咲き。

ファッグルはびみょーに芽がでてる程度です。

英ホップのファッグル
クラシックな英ホップのファッグル

チャレンジャーは冬と変わらず。

こいつはそもそも前年から元気がなかったので

生えてくるか心配です。がんばれチャレンジャー!

英ホップのチャレンジャー
芽は生えるのか?英ホップのチャレンジャー

アメリカホップの様子


そして最後はアメリカ勢。🇺🇸

暖かい西海岸生まれだからなのか、春では一番元気がよかった。

センテニアルは先述、カスケードはこんな感じ。

米ホップのカスケード
ポピュラーな米ホップのカスケード

そしてチヌーク。既にまっすぐ縦に生えてます。

(センテニアルが放射状に生えてるのはなんでなんだろ?)


米ホップのチヌーク
既にまっすぐ生えてる米ホップのチヌーク

そして一番スタートダッシュを切っていたのは、

CTZ(コロンブス・トマホーク・ゼウス)です。

かなりワサワサ生えていました。

前年はさほど成長しなかったので以外でした。

CTZホップ
一番いいスタートダッシュを切った米ホップのCTZ


ベランダ栽培→地植えに植え替え


ちなみに去年はベランダと地植え2箇所でホップ栽培していたのですが、

感覚的には地植えが2〜3倍ぐらい成長がよく病気もなかったので

(自分のベランダの育て方がうまくなかったのもあると思いますが)

全て根っこを実家の庭に植え替えていました。

根っこの下に肥料をまいた後、根っこをなるべく傷つけないように

植えてみました。ホップの根っこはこんな感じです。

ホップの根っこはかなり長いです

今年はがっつりホップの毬花を収穫したいです。

つづく...


<<  [その⑥ ~毬花とルプリン~]     [その⑧ ~ホップの挿し木~]  >> 

ホップを育ててみる その① ~入手経路一覧~
ホップを育ててみる その② ~鉢植え~
ホップを育ててみる その③ ~誘引~
ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~
ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~
ホップを育ててみる その⑦ ~2年目ホップの新芽と植え替え~
ホップを育ててみる その⑧ ~ホップの枝が折れたので挿し木してみる~
ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~
ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~

2017年11月12日日曜日

ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~


ベランダホップの毬花が実った


ホップ栽培 ベランダ 家庭

うどん粉病やらに苦戦しつつも、暑い夏が過ぎ涼しい秋がやってきた頃。

つるの成長が止まったと思ったら・・

あれ?なんかホップの毬花っぽいつぼみが・・?


家庭 栽培 ホップ
花みたいなものが

そしてそれから数週間後には・・・

きた!ホップの毬花が出来てました。

今年の春ぐらいから苗から植えたベランダ栽培のホップは、

カスケード、センテニアル、チヌーク、CTZ、信州早生でしたが

1年目に見事、鞠花ができたのはセンテニアルでした。


センテニアル ホップ 毬花
スーパーカスケードことセンテニアル

数は少なく、大きさもすごく小ぶりですが紛れもなく毬花。

1年目は鞠花までできないと聞いていたので、嬉しいです。

日本だと一般的に9月ぐらいに収穫みたいですが、遅く植えたせいか

だいぶ遅くにホップが実りました。


ホップの毬花
ちいさいけど確かにホップの毬花

それにしても後どのくらい成長するんだろうか。

収穫の目安がよくわからんので、しばらく様子見するとして。

ひとつ試しに穫ってみることにしました。


毬花のルプリン


これが栽培したセンテニアルの生ホップ。

センテニアルの生ホップ
センテニアルの生ホップ

宇宙ブルーイングの収穫祭で習ったとおり、

縦に割ってルプリンを見てみました。

センテニアルホップのルプリン
センテニアルホップのルプリン

ちょっと写真じゃ見えずらいですが、黄色い粒がたくさん。

香りもアメリカ品種なので柑橘系のすごくいい香りでした。

もう少ししたら残りの毬花も収穫しようと思います。


<<  [その⑤ ~虫食いとうどん粉病発生~]     [その⑦ ~2年目ホップの新芽~]  >> 

ホップを育ててみる その① ~入手経路一覧~
ホップを育ててみる その② ~鉢植え~
ホップを育ててみる その③ ~誘引~
ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~
ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~
ホップを育ててみる その⑦ ~2年目ホップの新芽と植え替え~
ホップを育ててみる その⑧ ~ホップの枝が折れたので挿し木してみる~
ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~
ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~

2017年10月23日月曜日

ホップを育ててみる その⑤ ~虫食いとうどん粉病発生~

ホップの葉っぱが虫に食われている・・


何個かのホップの苗は、実家の庭に植えさせてもらっているのだが、

実家にしょっちゅう帰れるわけもなく

帰省したとき、実家のホップは葉っぱが虫に食われていることに気付いた。

ホップの葉っぱが虫食いに
ホップの葉っぱが虫食いに

こういう時は、青虫や毛虫が居ついているらしい。

こうなったら直接ヤツラを探し出して除去するしかない。

探し方としては、まああたりまえだけど

虫食いされている葉っぱの裏を手当たり次第探していく。

それで十中八九、見つかる。

(キモいので写真は写さないけど)発見したら割り箸とかでポイしよう。

それすらキモかったら、葉っぱごとちょん切って捨てちゃってもいいかも。

ひたすら葉っぱの裏を見ていって全て除去した。


今度はうどん粉病?ホップの葉っぱが白い..


虫の除去を行った今度は、ベランダ栽培のほうのホップに

うどん粉病っぽい症状が。品種はカスケード。

葉っぱが白くなっている。

これが噂のうどん粉病?
これが噂のうどん粉病?

うどん粉病ってカビかなんかが繁殖して白くなるらしく、

このカビが繁殖しつづけちゃうと光合成ができなくなって

植物が弱っちゃうという病気らしい。

ベニカXを噴射しててもなってしまった。

センテニアル、チヌーク、信州早生、CTZ、チャレンジャー、ファッグル

のホップ苗を現在育てているけど、

この症状が特に顕著なのはカスケードだった。


カリグリーンとダイン



調べると、結構浸食されちゃったものは葉っぱごと除去すべきとのこと。

あとは、カリグリーンという水溶剤がうどん粉に効くらしい。

その際は展着剤?としてダインというものも混ぜて使うとのこと。

さっそくホームセンターで買ってきて合成してみる。

まずは購入カリグリーンとスプレーボトル。

カリグリーンとスプレーボトル
カリグリーンとスプレーボトル

次にこのダインも購入した。

これがあると葉っぱにカリグリーンが定着しやすいとかそんなんだと思う。

展着剤のダイン
展着剤のダイン

カリグリーンは、1リットルの水に薄める分量が入ってる袋で

分けられていたので、1リットルの麦茶のペットボトルに水を入れて薄める。

その後ダインもちょろっとだけど、分量を見ながら投入。

1リットル分が完成しました。色が麦茶っぽくなったが

カリグリーン+ダインの溶剤です。

カリグリーン+ダインのスプレー完成
カリグリーン+ダインのスプレー完成

これをひたすら白くなってしまったホップに散布していく。

これで治るのかなー。カスケードが元気になってくれればいいですが。

白くなってしまったカスケードさん


<<  [その④ ~虫と病気対策スプレー~]       [その⑥ ~毬花とルプリン~]  >> 

ホップを育ててみる その① ~入手経路一覧~
ホップを育ててみる その② ~鉢植え~
ホップを育ててみる その③ ~誘引~
ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~
ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~
ホップを育ててみる その⑦ ~2年目ホップの新芽と植え替え~
ホップを育ててみる その⑧ ~ホップの枝が折れたので挿し木してみる~
ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~
ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~

2017年10月10日火曜日

ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~

ホップ栽培中の虫と病気対策について


夏の途中からベランダで育てているホップ。

ホップは元々イギリスなどのヨーロッパの出身だからなのか

育てるときには寒い方がいいらしく、

日本の夏のカンカン照りの日は、ちょっと元気がない。

ただちょっと寒い日が続くとぐんぐん伸びるので、

自分のベランダホップもそこそこ伸びてきた。

ベランダで育てるホップ
ベランダで育ててるカスケードホップ

だがしかし、ホップ栽培で避けては通れない奴らがいる。

虫と病気だ。

ホップの栽培のことを本やネットで調べると

"うどん粉病"や"べと病"というカビ?

みたいなものが繁殖してしまったり、

アブラムシやハダニという

ちっこい虫が葉っぱを食べてしまうそう。

そこで対虫&病気スプレーをホームセンターで購入し

こまめに吹きかけることにした。

ホップの病気と虫対策
ホップの虫と病気予防

ホップにベストかは不明だけど、

スプレータイプなので吹き付けるだけでよく、

値段も大きいので800円だったかな?

まあそこまで高くないので購入。

よくわからなくて二つ買ったが、

別に赤いベニカXだけでもよかったかも。

頻度も量もいまいちよくわからんので、

週に3回ぐらい、結構たっぷり吹きかけてます。

今のところなんか変に枯れちゃったりすることもないので継続中です。

虫は苦手だから(へたれ)なるべく沸いてほしくないなあ・・。

その⑤へつづく..

<<  [その③  ~誘引~]          [その⑤ ~虫食いとうどん粉病発生~]  >>

ホップを育ててみる その① ~入手経路一覧~
ホップを育ててみる その② ~鉢植え~
ホップを育ててみる その③ ~誘引~
ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~
ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~
ホップを育ててみる その⑦ ~2年目ホップの新芽と植え替え~
ホップを育ててみる その⑧ ~ホップの枝が折れたので挿し木してみる~
ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~
ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~

2017年9月13日水曜日

ホップを育ててみる その③ ~誘引~

ベランダホップの誘引


ホップのつるが長くなってきたので、

棒を突き刺して巻きつけるだけだときつくなってきた。

なのでホームセンターで誘引用のネットを買ってきた。

サイズがデカかったのでポットの幅に合うように切り、

既に買ってあった誘引棒(トレリス)をサイドに刺して、巻きつけてみる。

ベランダでのホップ栽培
ホップの誘引 (せまいベランダver)

思いつきで作った割には、結構つるが安定した。

まあ本当は誘引させずに直線で育てるのが楽だし育つんだろうけど、

せまいベランダでの栽培なので

左右に蛇行させることでなんとか距離を稼ぐ。

その④へつづく...


<<  [その② ~鉢植え~]          [その④ ~虫と病気対策スプレー~~]  >>

ホップを育ててみる その① ~入手経路一覧~
ホップを育ててみる その② ~鉢植え~
ホップを育ててみる その③ ~誘引~
ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~
ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~
ホップを育ててみる その⑦ ~2年目ホップの新芽と植え替え~
ホップを育ててみる その⑧ ~ホップの枝が折れたので挿し木してみる~
ホップを育ててみる その⑨ ~2年目ホップの収穫高~
ホップを育ててみる その⑩ ~ホップの保存方法と使い道~