ラベル ホップ栽培 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ホップ栽培 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年11月12日日曜日

ホップを育ててみる その⑥ ~毬花とルプリン~


ベランダホップの毬花が実った



ホップ栽培 ベランダ 家庭

うどん粉病やらに苦戦しつつも、暑い夏が過ぎ涼しい秋がやってきた頃。

つるの成長が止まったと思ったら・・

あれ?なんかホップの毬花っぽいつぼみが・・?


家庭 栽培 ホップ
花みたいなものが

そしてそれから数週間後には・・・

きた!ホップの毬花が出来てました。

今年の春ぐらいから苗から植えたベランダ栽培のホップは、

カスケード、センテニアル、チヌーク、CTZ、信州早生でしたが

1年目に見事、鞠花ができたのはセンテニアルでした。


センテニアル ホップ 毬花
スーパーカスケードことセンテニアル

数は少なく、大きさもすごく小ぶりですが紛れもなく毬花。

1年目は鞠花までできないと聞いていたので、嬉しいです。

日本だと一般的に9月ぐらいに収穫みたいですが、遅く植えたせいか

だいぶ遅くにホップが実りました。


ホップの毬花
ちいさいけど確かにホップの毬花

それにしても後どのくらい成長するんだろうか。

収穫の目安がよくわからんので、しばらく様子見するとして。

ひとつ試しに穫ってみることにしました。


毬花のルプリン


これが栽培したセンテニアルの生ホップ。

センテニアルの生ホップ
センテニアルの生ホップ

宇宙ブルーイングの収穫祭で習ったとおり、

縦に割ってルプリンを見てみました。

センテニアルホップのルプリン
センテニアルホップのルプリン

ちょっと写真じゃ見えずらいですが、黄色い粒がたくさん。

香りもアメリカ品種なので柑橘系のすごくいい香りでした。

もう少ししたら残りの毬花も収穫しようと思います。


<<  [その⑤  ~虫食いとうどん粉病発生~] 

2017年10月23日月曜日

ホップを育ててみる その⑤ ~虫食いとうどん粉病発生~

ホップの葉っぱが虫に食われている・・


何個かのホップの苗は、実家の庭に植えさせてもらっているのだが、

実家にしょっちゅう帰れるわけもなく

帰省したとき、実家のホップは葉っぱが虫に食われていることに気付いた。

ホップの葉っぱが虫食いに
ホップの葉っぱが虫食いに

こういう時は、青虫や毛虫が居ついているらしい。

こうなったら直接ヤツラを探し出して除去するしかない。

探し方としては、まああたりまえだけど

虫食いされている葉っぱの裏を手当たり次第探していく。

それで十中八九、見つかる。

(キモいので写真は写さないけど)発見したら割り箸とかでポイしよう。

それすらキモかったら、葉っぱごとちょん切って捨てちゃってもいいかも。

ひたすら葉っぱの裏を見ていって全て除去した。


今度はうどん粉病?ホップの葉っぱが白い..


虫の除去を行った今度は、ベランダ栽培のほうのホップに

うどん粉病っぽい症状が。品種はカスケード。

葉っぱが白くなっている。

これが噂のうどん粉病?
これが噂のうどん粉病?

うどん粉病ってカビかなんかが繁殖して白くなるらしく、

このカビが繁殖しつづけちゃうと光合成ができなくなって

植物が弱っちゃうという病気らしい。

ベニカXを噴射しててもなってしまった。

センテニアル、チヌーク、信州早生、CTZ、チャレンジャー、ファッグル

のホップ苗を現在育てているけど、

この症状が特に顕著なのはカスケードだった。


カリグリーンとダイン



調べると、結構浸食されちゃったものは葉っぱごと除去すべきとのこと。

あとは、カリグリーンという水溶剤がうどん粉に効くらしい。

その際は展着剤?としてダインというものも混ぜて使うとのこと。

さっそくホームセンターで買ってきて合成してみる。

まずは購入カリグリーンとスプレーボトル。

カリグリーンとスプレーボトル
カリグリーンとスプレーボトル

次にこのダインも購入した。

これがあると葉っぱにカリグリーンが定着しやすいとかそんなんだと思う。

展着剤のダイン
展着剤のダイン

カリグリーンは、1リットルの水に薄める分量が入ってる袋で

分けられていたので、1リットルの麦茶のペットボトルに水を入れて薄める。

その後ダインもちょろっとだけど、分量を見ながら投入。

1リットル分が完成しました。色が麦茶っぽくなったが

カリグリーン+ダインの溶剤です。

カリグリーン+ダインのスプレー完成
カリグリーン+ダインのスプレー完成

これをひたすら白くなってしまったホップに散布していく。

これで治るのかなー。カスケードが元気になってくれればいいですが。

白くなってしまったカスケードさん


<<  [その④  ~虫と病気対策スプレー~]        [その⑥  ~毬花とルプリン~]  >> 

2017年10月10日火曜日

ホップを育ててみる その④ ~虫と病気対策スプレー~

ホップ栽培中の虫と病気対策について


夏の途中からベランダで育てているホップ。

ホップは元々イギリスなどのヨーロッパの出身だからなのか

育てるときには寒い方がいいらしく、

日本の夏のカンカン照りの日は、ちょっと元気がない。

ただちょっと寒い日が続くとぐんぐん伸びるので、

自分のベランダホップもそこそこ伸びてきた。

ベランダで育てるホップ
ベランダで育ててるカスケードホップ

だがしかし、ホップ栽培で避けては通れない奴らがいる。

虫と病気だ。

ホップの栽培のことを本やネットで調べると

"うどん粉病"や"べと病"というカビ?

みたいなものが繁殖してしまったり、

アブラムシやハダニという

ちっこい虫が葉っぱを食べてしまうそう。

そこで対虫&病気スプレーをホームセンターで購入し

こまめに吹きかけることにした。

ホップの病気と虫対策
ホップの虫と病気予防

ホップにベストかは不明だけど、

スプレータイプなので吹き付けるだけでよく、

値段も大きいので800円だったかな?

まあそこまで高くないので購入。

よくわからなくて二つ買ったが、

別に赤いベニカXだけでもよかったかも。

頻度も量もいまいちよくわからんので、

週に3回ぐらい、結構たっぷり吹きかけてます。

今のところなんか変に枯れちゃったりすることもないので継続中です。

虫は苦手だから(へたれ)なるべく沸いてほしくないなあ・・。

その⑤へつづく..


<<  [その③  ~誘引~]          [その⑤ ~虫食いとうどん粉病発生~]  >>

2017年9月13日水曜日

ホップを育ててみる その③ ~誘引~

ベランダホップの誘引


ホップのつるが長くなってきたので、

棒を突き刺して巻きつけるだけだときつくなってきた。

なのでホームセンターで誘引用のネットを買ってきた。

サイズがデカかったのでポットの幅に合うように切り、

既に買ってあった誘引棒(トレリス)をサイドに刺して、巻きつけてみる。

ベランダでのホップ栽培
ホップの誘引 (せまいベランダver)

思いつきで作った割には、結構つるが安定した。

まあ本当は誘引させずに直線で育てるのが楽だし育つんだろうけど、

せまいベランダでの栽培なので

左右に蛇行させることでなんとか距離を稼ぐ。

その④へつづく...


<<  [その② ~鉢植え~]          [その④ ~虫と病気対策スプレー~~]  >>

2017年8月16日水曜日

ホップを育ててみる その② ~鉢植え~

ホップの鉢植え



▪️ホップ苗購入


こまめにチェックしていたおかげで、なんとか花の館から

カスケード、センテニアル、CTZ、信州早生の苗が購入できた。

また、SORAMIMIハーブショップからも、

ファッグルとチャレンジャーをゲット。

花の館は販売5分で売り切れるので争奪戦でした。

ネット販売のホップ苗
ファッグルとチャレンジャーの苗

▪️鉢植え


購入時には小さなポットに入っているので、

ポットのまま何日か根っこを充実させた後、

75cm × 23cm × 20cm の大きな鉢に移した。

本当はもっと大きなもののほうがいいっぽかったが、

自分のベランダはこれが限界なのでやむなし。

ベランダで栽培しているホップ
ベランダのホップ
下のほうの土に買ってきた元肥を入れ、

ひとまず誘引用の棒を建てて育つのを待ちます。



今年の夏はとても暑いので、

暑がりなホップはちゃんと育つだろうか。

その③へつづく...

2017年8月3日木曜日

ホップを育ててみる ~その① 入手経路一覧~

ホップを購入する


ビールの原料で、苦味や香りをもたらす植物ホップ。

自分で育てることができれば楽しそうだなと思い、ホップの育成について調べてみた。

結論から言うと、ベランダや庭でも育れられることがわかった。




■ホップの生態

季節生態
春~夏成長してツタや葉が6m~8m程になる。毬花というホップの実が収穫できる。
秋~冬ツタや葉が枯れるが、地中で根っこが生き続ける。来年また成長する。

もし庭で育てるなら、夏には立派なグリーンカーテンになるし、

ベランダでも、うまく折り返したり曲げたりすれば育てることはできるみたい。

(自分はベランダしかないので後者で頑張ることにする)


さて、そうとわかればホップをさっそく手に入れようとしたのだが、

ホップの苗は結構マイナーな商品らしく、ホームセンター等では見かけない。

そのため、必然的にネットショップでの購入となる。

ただ苗が出回るのが4月~7月らしく、時期を逃すと来年まで持ち越す羽目になりそう。

運よく時期はこれからだったので、いくつか取り扱っているショップを見つけて

苗の販売開始を待ってみることにした。以下が見つけたサイト一覧。

■ホップの入手経路
入手経路備考
花の館webshop人気のカスケード等のアメリカンホップや国内の信州早生まで幅広い品種を取り扱っていた。
メール登録をすると、ホップの苗が販売開始になったらお知らせしてくれる。
SORAMIMIハーブショップヨーロッパ系のホップのファッグルやチャレンジャーが売っていた。
日野春ハーブガーデンかいこがねを見かけた。
緑山ハーブガーデン ナチュラルパスこちらも、かいこがね。
世田谷ホッププロジェクトショップではないが、世田谷"ふたこビール"が主催で、住人にホップ苗を配布し育てたホップとグッズを交換できるプロジェクト。ただ2017は配布ないっぽい..
マルシェ青空エルドラド、マグナム、カリプソ、クラスター、フェニックス、マウントレーニアという結構レア?な品種が売っていた。ただよく見たら苗ではなく種だった..

果たして手に入れることができるのか。結果は次回。

その②へつづく..

[その② ~鉢植え~]  >>

人気の投稿