ラベル ビール作り体験 (木内酒造) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ビール作り体験 (木内酒造) の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年7月30日日曜日

クラフトビールを作ってみる ~その⑤ 煮沸とホップ投入~


麦汁を煮沸してホップ投入


麦芽かすから濾過された麦汁(ウォート)を煮沸(ボイル)します。

これで高温で殺菌し、またその時にホップや副原料入れ苦味と香りをつけます。

ホップと副原料 (常陸野ネストビール作り体験)
選んだホップや副原料を投入

ウォートをボイル (常陸野ネストビール作り体験)
麦汁をぐつぐつ煮ます

この時ホップは時間ごとに、数回に分けて投入。

最初に入れれば入れるほど苦味が出ますが、代わりに香りは失われます。

なので、投入時間と投入量をレシピ通りにする必要があります。

そして1時間程度ボイルした後、麦汁を急冷(チラー)します。

ウォートチラー (常陸野ネストビール作り体験)
バルブを開けて麦汁をチラーへ

熱いままだと、この後投入する酵母(イースト)が死んでしまいます。

また、雑菌の増殖による汚染から麦汁を守るため、

イースト菌を先に増殖させるべく短時間で急激に冷します。

発酵前の麦汁 (常陸野ネストビール作り体験)
発酵前の麦汁の試飲 (苦いけど甘い変な感じ)

ここで体験としては終了、その後は木内酒造さんが発酵してくれ

ビン詰め後に指定の住所に送付してくれます。

ビンのラベルは用意された幾つかのテンプレートを選ぶか、

後日メールにてオリジナルのデータを送付するか選べます。

※ オリジナルデータの場合はイラストレータのデータ形式が必要なので注意。

 ちなみに自分の場合はオリジナルデータを選んだので、

 無料の画像加工ツールのGIMP(photoshop高い)と、

 無料トライアル期間中だったイラストレータを使い後日メールで送付。

さばサンド (常陸野ネストビール作り体験)
終了後食べた名物のさばサンド

お土産や試飲ゾーンもありました

作ったビールはだいたい目安として1ヶ月後ぐらいに届きます。

勉強になる&自分たちが作ったビールが貰えるのでオススメ体験でした。

木内酒造入口 (常陸野ネストビール作り体験)
<<  [その④ ~糖化と散水~]

クラフトビールを作ってみる ~その④ 糖化と散水~

麦芽から糖分を取り出し麦汁を作る


前回投入したモルトをお湯で糖化(マッシング)させる。

こうすると麦芽の酵素がでんぷんをブツ切りにして糖に変えてくれる。

この酵素が活発になる67℃程度に温度を一定にする。

糖化(マッシング)  (常陸野ネストビール作り体験)
麦芽のでんぷんを酵素で糖化させる

 ウォート循環 (常陸野ネストビール作り体験)
ときどき鍋下コックから麦汁を循環させ清澄

1時間程度、糖化(マッシング)したら、今度は麦汁を別の鍋に移して

麦汁(ウォート)と麦芽かすを分離させる。

出来立て麦汁[ウォート] (常陸野ネストビール作り体験)
出来立ての麦汁(ウォート)

また、麦芽かすにもまだ糖分があるのでお湯をかけて抽出する。

これが散水(スパージング)というらしい。

このとき麦芽が水面から出てしまうとすぐ酸化して

味が落ちるので出ないようするのがよい、とのアドバイス。

散水[スパージング] (常陸野ネストビール作り体験)
ジョーロ的なもので散水(スパージング)

お湯をかけると麦芽かす自体がフィルターの役目をして

麦芽カスから新たに麦汁(ウォート)が取れる。

ろ過後の麦芽 (常陸野ネストビール作り体験)
濾過後の麦芽かす

これで麦汁(ウォート)ができました。

お湯も熱いし重いしで結構大変でしたが、

いよいよ完成が近づいてきました。

その⑤へつづく..

    <<  [その③ ~材料集め~]        [その⑤ ~煮沸とホップ投入~]  >>

クラフトビールを作ってみる その③ ~材料集め~

麦芽をひき割りしてマッシングの準備


前回でビールのスタイルと使用するホップ、副原料等を決めました。

選べる内容選んだ内容
ビールスタイルペールエール
ホップカスケード等のアメリカンホップ
副原料オレンジピール、コリアンダー
ビールの濃さSRM=6 (金色)
アルコール度数8%

これを元に、木内酒造さんがレシピを用意してくれるので、

それに沿って自分たちで材料を計測していきます。

モルト[麦芽]貯蔵庫 (常陸野ネストビール作り体験)
倉庫にある麦芽(モルト)

色付けモルト (常陸野ネストビール作り体験)
色付けモルトもありました

モルトの計量 (常陸野ネストビール作り体験)
自分たちで重さを計測

計測が終わったら麦芽(モルト)を粉砕します。

挽き割りも自分たちでやります。この機械がめっちゃうるさい。

モルトの挽き割り (常陸野ネストビール作り体験)
挽き割り機械にモルトを投入する友人Aくん

その後粉砕したモルトを糖化(マッシング)させるための鍋へ。

マッシングタン (常陸野ネストビール作り体験)
鍋がたくさん並んでいます


モルトをマッシュタンへ投入 (常陸野ネストビール作り体験)
マッシュタンへモルトを投入

なんだかビール作りっぽくなってきました。

その④へつづく...

    <<  [その② ~レシピ決め~]        [その④ ~糖化と散水~]  >>

2017年7月29日土曜日

クラフトビールを作ってみる ~その② レシピ決め~

木内酒造でのビールを作る


常磐道にて車に揺られてやってきました茨城の「木内酒造」

申し込んだ、ビール作り体験をやります。

茨城 木内酒造 (常陸野ネストビール作り体験)
昔ながらの酒造の佇まい

ふくろう (常陸野ネストビール作り体験)
常陸野ネストビールのふくろう

まず初めにビールのスタイルを決めます。

ホワイトエール、ペールエール、アンバーエール、スウィートスタウト

これを実際に試飲させて貰えるので飲みながら考えます。

その中で特に好評だったペールエールに決定。

オリジナルビールレシピ選び (常陸野ネストビール作り体験)
全部美味しくて迷う

次に投入するホップ選び。香りを嗅げるので選びやすいです。

イギリス系のホップは草のようなクセになる香り、

アメリカ系のホップは柑橘系の爽快な香りでした。

ホップ決め (常陸野ネストビール作り体験)
香りを確認しながらホップ選びができます

今回はカスケードなどのアメリカのC系ホップに決定。

コリアンダーとオレンジピールも用意があったので、

それも投入してみることにしました。

事前に連絡しておけば、持ち込み食材も追加できます。

(他のグループはパインジュースとか持ってきていました)

その他、ビールの色の濃さ(SRM)やアルコール度数(ABV)も選びます。

確かSRM=6(金色) , ABV=8% (最大値)にしました。


次回はいよいよビール作りです。

その③へつづく...


    <<  [その① ~体験施設一覧~]        [その③ ~材料集め~]  >>

クラフトビールを作ってみる ~その① 体験施設一覧~

クラフトビールを作ってみたい


色んなクラフトビールを飲んでると、自分でもビール作りしてみたいと思ってくる。



ネットでビール作り体験ができるプログラムとかないかなーと探したら、

いくつか発見。探してみるもんですね。

以下がざっくり調べた一覧。( ※掲載日時点の内容です)

Noメーカー場所内容所要時間参加定員料金受領分開催
キリンビール
(横浜工場)
神奈川講義、仕込み体験、
工場見学
約7時間4~6名20000円
(1グループ)
500ml×20本毎週
(予約要)
木内酒造
(常陸野ブルーイングラボ)
東京仕込み体験約4時間1名〜176400円〜330ml×360本〜毎週
(予約要)
木内酒造茨城仕込み体験約4時間半1名〜28350円〜330ml×45本〜毎週
(予約要)
ロコビア醸造所千葉仕込み体験約7時間1〜4名15000円
(1グループ)
330ml×20本毎週
(予約要)
サッポロビール
(那須の森ビール園)
栃木仕込み体験約7時間2〜4名18000円〜
(1グループ)
330ml×24本※募集日
(抽選)

だいたいどの体験プログラムも、自分たちでビールの仕込み体験をした後、

それを何週間か酒造で醸造して貰いビンで送ってもらうっていうことみたい。

なので一見料金高いんだけど、その分ビールが貰えるので体験+ビール購入と思えば。


この中で⑤は定期的じゃないから除外、①〜④の中から

今回は地元が近いものあり③茨城の「木内酒造」に

友達3名で申し込んでみた。

木内酒造は「常陸野ネストビール」で有名なところなので楽しみです。

その②へつづく...

  [その② ~レシピ決め~]  >>

人気の投稿