TOP

ラベル ビアフェス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ビアフェス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年11月21日火曜日

ビアフェスに行ってみた その② ~ ACBE (アメリカンクラフトビア・エクスペリエンス) 2017~



ACBE (アメリカンクラフトビア・エクスペリエンス) 2017



ACBE (アメリカンクラフトビア・エクスペリエンス) 2017


開催場所・日時



11/17(金)~11/19(日)に東京の竹芝ニューピアホールで開催していた

ACBE (アメリカンクラフトビア・エクスペリエンス) 2017に行ってきました。

主催はアメリカのBrewers Asociation(全米醸造協会)だそうです。

普段簡単には飲めないようなレアなアメリカのクラフトビールが

たくさん飲めるクールなイベント。竹芝駅より徒歩5分くらいの場所でした。






入場料は無料



ACBE (アメリカンクラフトビア・エクスペリエンス)は

特に入場料はなく、受付もほぼそのままスルーで入れました。

ドリンクチケット的なものも特になし。現金でOKです。

ACBEは入場料は無料です
ACBEは入場料は無料です

受付の近くにはアメリカの醸造所グッズが売ってました。

なかなか日本で買えないブルワーグッズが買える機会です。

アメリカのブルワーグッズ
アメリカのブルワーグッズ

ACBE 2017会場の様子



中に入るとたくさんのひと!

アメリカのクラフトビールイベントなのでアメリカの方もたくさん。

ACBE 2017会場の様子
ACBE 2017会場の様子

ケグでつながっているビールもありますが、

ボトルやカンも売っていました。

ファイヤーストーン・ウォーカー、コロナドの他にも

GIGANTIC(ジャイガンティック)もありました。


GIGANTIC(ジャイガンティック)のボトル
GIGANTIC(ジャイガンティック)のボトルも


Full Sail Brewing(フルセイル・ブルーイング)



樽でつながっているビールもたくさんあります。

今年上陸し始めて、大江戸ビール祭りでも見かけた

オレゴン・ポートランドの醸造所の

フルセイル・ブルーイングもありました。

「セシオン・セルヴェザ」と「フルセイル・クラシックIPA」を売っていました。

(来た時には既に売り切れていましたが)

フルセイルのビール
フルセイルのビール


Heretic Brewing(ヘレティックブルーイング)


カリフォルニア・フェアフィールドのヘレティック・ブルーイングも。

数々のコンテストを受賞したホームブルワー出身の

醸造家が設立したブルワリーです。

「オクトーバーフェスト」、「グラマリー」、

そしてバレルエイジしたサワーの「パイナップル・アゴニー」、

ハイビスカスを使った「プチルージュ」が並んでいました。

Heretic (ヘレティック)のビールラインナップ
Heretic (ヘレティック)のビールラインナップ


HOP WORKS URBAN Brewery(ホップワークスアーバンブルワリー)


オレゴン・ポートランドのオーガニックホップを使った醸造所

ホップワークス・アーバンブルワリーからは

「オーガニックギャラクティック・インペリアルレッドエール」、

「オーガニックIPA」、カーンザという植物を使った「ロングルートエール」に

グレープフルーツを使った「フェローシャス・シトラスIPA」が並んでいました。


HUB (HopWorks Urban Brewery)のビール
HUB (HopWorks Urban Brewery)のビール


Fifty Fifty Brewing(フィフティ・フィフティブルーイング)


カリフォルニア・トラッキーのフィフティ・フィフティ・ブルーイングは

ブロンドエールの「スプリング・フィーバー」、セッションIPA「セッション267」

そして「オールド・コナンドナム・バーレーワイン」と、

一樽限定と書かれていたレア樽「メープル・イクリプス」は既に売り切れでした。

Fifty Fifty (フィフティ・フィフティ)のビール
Fifty Fifty (フィフティ・フィフティ)のビール


Evolution Craft Brewing (エボリューション・クラフト・ブリューイング)


メリーランド・ソールズベリーのエボリューション・クラフト・ブルーイングは

IPAの「ロットナンバー3」、パイナップルを使った「パインホップル IPA」、

その他「レモンIPA」、「ライズアップ・スタウト」もラインナップ。


Evolution Craft Brewing (エボリューションクラフトブリューイング)
Evolution Craft Brewing (エボリューションクラフトブリューイング)


これだけ魅力的なビールがありすぎると、何にするか迷います。


GIGANTIC Brewing(ジャイガンティック・ブルーイング)


さんざん悩みましたが、選んだクラフトビールは

オレゴン・ポートランドの醸造所ジャイガンティック・ブルーイングの

Ginormous Imperial IPA (ジノーマス・インペリアルIPA) にしました。


Ginormous Imperial IPA (GIGANTIC)
Ginormous Imperial IPA (GIGANTIC)
香り:★★★  苦み:★★☆  重さ:★★☆

Giganticはたしか志賀高原のKAGAMI-BIRAKI-IPAでコラボした醸造所。

マジンガーっぽいロボットのラベルがなかなかクールです。苦旨。

ホップはアフリカンクイーンという珍しいホップと、そのほか

カスケード、クリスタル、エウレカ、モザイク、ナゲット、シムコ。


GIGANTIC Brewing(ジャイガンティック・ブルーイング)
GIGANTIC Brewing(ジャイガンティック・ブルーイング)

飲んでいると、ステージでライブも始まりました。

アメリカ人の方はやっぱりノリノリですね。

それにつられて日本人も一緒に踊っていて楽しかったです。

ACBE ライブステージ
ステージでライブもあります

空きっ腹にジノーマス・インペリアルIPAは効ききすぎて

元々お酒に強くないですが、今回は一杯でノックアウト。

写真にはないですが、その他にも

Schooner EXACT、Sound Brewery、Three Weavers、Solvang

といったブルワリーが出店していました。




ACBE(アメリカン・クラフトビア・エクスペリエンス)は

レアなアメリカン・クラフトビールが飲める貴重なフェスでした。

毎年やっているみたいなので、また来年行きたいと思います。

ACBE(アメリカン・クラフトビア・エクスペリエンス)


2017年10月27日金曜日

ビアフェスに行ってみた その① ~大江戸ビール祭り 2017 秋~


大江戸ビール祭り 2017 秋



10/25(水)~10/29(日)まで品川インターシティで、

大江戸ビール祭り 2017 秋 が開催していたので行ってみました。

JR品川駅から徒歩5分ぐらいで到着します。





会場の様子


品川駅からビル群を歩いていると、会場っぽいのが見えてきました。

汐の公園の近くにある道沿いにずらっとお店が並んでます。

大江戸ビール祭り2017会場
大江戸ビール祭り2017会場

結構早い時間帯に行ったのですが、会社帰りの人たちが

既にビールを楽しんでいました。

確かに会社がここの近くだったら寄っちゃいますね。

会社帰りの人たちがたくさん

まずはビールチケットの購入


大江戸ビール祭りは、購入の際にチケットを使うみたいです。

入場料とかは特にありません、無料です。

入口あたりに自動販売機がありました。

ビールチケットの購入
ビールチケットの購入

チケットは、1000円~3000円のものがありました。

1000円でも100円×10枚のバラチケットもあるみたい。

大江戸ビール祭りのビールチケット
ビールチケットはこんな感じ


出店しているクラフトビール


さっそくどのクラフトビールを飲むかウロウロします。

まずはVirgo Beerと独歩ビール。

Virgo Beerは墨田区生まれの女神のビール。だそうです。

独歩ビールは岡山のドイツスタイルのビール作りを行うブルワリーですね。

Virgo Beerと独歩ビール
Virgo Beerと独歩ビール

続いて宮城やくらいビールと、福島の猪苗代ビール。

ここらへんのビールもドイツ系かな。

宮城やくらいと福島猪苗代ビール
宮城やくらいと福島猪苗代ビール

 新潟のスワンレイクビール。米どころなだけあって

コシヒカリのビールやライスラガーなどお米を使ったビールも。

新潟スワンレイクビール
新潟スワンレイクビール

シカゴピザでも有名なデビルクラフトも出店してました。

品川に醸造所があるので地元ですね。

シカゴピザでも有名なデビルクラフト
シカゴピザでも有名なデビルクラフト

続いて山梨のアウトサイダーも発見。

この前アンドビールで飲んだ朝露フレッシュホップエールや、

ソラチレジェンドっていうソラチエースを使ったIPAがありました。

山梨アウトサイダーブルーイング
山梨アウトサイダーブルーイング

お次は宮崎の焼酎「黒霧島」で有名な霧島酒造が作る霧島ビール。

そして隣にはこれまたドイツ系のビールを作っている山梨の富士桜高原麦酒。

霧島ビールと富士桜高原麦酒
霧島ビールと富士桜高原麦酒

猫のマークがかわいい北海道麦酒醸造は、

洋ナシラガー、ピーチホワイト、夕張メロンエール、ナイアガラ(白葡萄)エール

などフルーツのビールが多くておいしそう。


北海道麦酒醸造
北海道麦酒醸造

神戸の六甲ビールでは、ゆずゴーゼや神戸の完熟桃エールの他、

New England IGAってのがありました。IGAのGってなんだろう。


神戸の六甲ビール
神戸の六甲ビール

奥の方には、品川・天王洲のT.Y.HARBOR。

隣にCRAFT DRINKSの樽おじさんが。


品川・天王洲のT.Y.HARBOR。
天王洲のT.Y.HARBOR

そのCRAFT DRINKSでは、アメリカオレゴン州のフルセイルブルーイングの

ボトルビールを販売していました。日本初上陸のビールだそうです。


フルセイルのビール

と、大江戸ビール祭りにはたくさんのブルワリーが出店していました。

ちょっと長くなりすぎてしまうので全部は書けませんが

その他にも有名だったり、レアなブルワリーがたくさん出店しています。


飲んだクラフトビール



最後に今回飲んだクラフトビールですが、

10 ants brewingのホッピーファミリーにしました。

東京のファントムブルワリー 10 ants
東京のファントムブルワリー 10 ants

テン・アンツブルーイングは東京のファントムブルワリーで

IPA専門のブルワリーだそうです。10アンツ..10の蟻..ありがとう..的な?

10 ants brewingのラインナップ
10 ants brewingのラインナップ

飲んだホッピーファミリーは、苦みはあるけど

すっきりなくなる感じの飲みやすいIPAでした。

Hoppy Family (10 ants brewing)
香り:★★☆ 苦み:★★☆ 重さ:★★☆
種別:IPA

長くなりましたが、いろんなブルワリーが集まる大江戸ビール祭り2017秋は

クラフトビール好きにはとてもおススメのイベントでした。