ラベル アメリカのクラフトビール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アメリカのクラフトビール の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年7月2日日曜日

クラフトビール図鑑 #26 アンカースチーム (アンカー) [アメリカ]

アンカースチームビール (アンカー) [アメリカ]



始まりのクラフトビール。

開けた瞬間ホップよりむしろ麦芽?のあま〜い香りがしました。

味も濃く少し甘みもあったりして美味しい。

ラガー酵母だけどエール酵母のような高い温度で発酵させるため

炭酸がスチームの様に吹き出すのでこの名前がついたそう。

スタイルは「スチームビール」とも呼ばれますが、

アンカーが商標的な権利をもっているため

「カリフォルニア・コモン」がスタイル名の様です。

アメリカのクラフトビールの始祖。

香り:★★☆
苦み:★☆☆
重さ:★★☆
種別:カリフォルニア•コモン
購入:イオン

2017年7月1日土曜日

クラフトビール図鑑 #19 ペールエール (シエラネバダ) [アメリカ]

ペールエール (シエラネバダ) [アメリカ] 


ペールエール (シエラネバダ)
Pale ale (Sierra Nevada)

シエラネバダのスタンダード。

香りはシトラス、苦みはありますが

すっきり系で飲みやすい。

使用ホップはフィニッシュにカスケード、

ビタリングにはマグナムとパールを使ってるそう。

香り:★★☆
苦み:★☆☆
重さ:★★☆
購入:成城石井

クラフトビール図鑑 #21 ビッグフット (シエラネバダ) [アメリカ]

ビッグフット (シエラネバダ) [アメリカ]


ビッグフット (シエラネバダ)
BIG FOOT (Sierra Nevada)

大麦のワイン、バーレイワイン。

アルコール9.6%の度数高めのエール。

カラメル麦芽の香ばしい香りで、飲むと少し甘いけど

後からじわじわ苦くなってくる大人の味。

ホップはビタリングにチヌーク、

フィニッシュにカスケード、センテニアル、チヌーク。

香り:★★☆
苦み:★★★
重さ:★★★
購入:びあマBASE

クラフトビール図鑑 #12 トルピード エクストラ IPA (シエラネバダ) [アメリカ]

クラフトビール図鑑 #12 トルピード エクストラ IPA (シエラネバダ) [アメリカ]


トルピード エクストラ IPA (シエラネバダ)
TORPED EXTRA IPA (Sierra Nevada)

開けた瞬間のホップの香りすごい。

名前にもある、ホップが詰まったステンレス容器"torpedo"(魚雷)に

ビールを循環させ、

効率的にドライホッピングしてアロマをつけているそう。

通常の袋で浸す方法だと浸かってないホップがあることに

気づいて開発したとのこと。

確かに香りが半端ない。

ホップはマグナム、クリスタル、シトラ。

成城石井で購入。

クラフトビール図鑑 #24 ジンディア・ペールエール (ストーン) [アメリカ]

ジンディア・ペールエール (ストーン) [アメリカ]


Jindia pale ale (Stone brewing)

ジュニパーベリー(ジンの原料)、ジンジャー、

レモンとライムのピールを使ったユニークな香りのダブルIPA。

過去に作ったシエラネバダとのコラボビールから

ヒントを得て作ったそう。

ホップは、マグナム、カスケード、センテニアル。

香り:★★☆
苦み:★★☆
重さ:★★☆
種別:ダブルIPA
購入:びあマBASE

クラフトビール図鑑 #14 ダブルバレルエール (ファイヤストーン・ウォーカー) [アメリカ]

ダブルバレル・エール (ファイアストーン・ウォーカー) [アメリカ]


ダブルバレル・エール (ファイアストーン・ウォーカー)
Double Barrel Ale (FIRESTONE WALKER)


ファイヤストーンウォーカーのビールは

オークの木樽で主発酵しているそう。

確かにこれもそんな香りがする気がしないでもない。

イングリッシュ・トフィー(キャラメルみたいなお菓子)や

トーストされたオーク木の風味と表現されるみたいです。

重そうですが、見た目より飲みやすい感じでした。おいしい。

クラフトビール図鑑 #13 C-HOP IPA (ギルガメッシュ) [アメリカ]

C-HOP IPA (ギルガメッシュ)

C-HOP IPA (ギルガメッシュ)
Gilgamesh brewing C-HOP IPA



名前通り、香りはカスケード(Cascade)やセンテニアル(Centennial)

とかのC系ホップの柑橘感。

シンプルな味だからかビタリングが

まっすぐ、強めに感じました。

パッケージがすんごい適当な感じで、

ギルガメッシュブルーイングのHPにも載っていないので、

日本向けの限定醸造か、何かのパッケージしなおしなのか。

成城石井で購入。

クラフトビール図鑑 #4 オーロラ ホッピヤリス IPA (カールストラウス) [アメリカ]

オーロラ ホッピヤリス IPA (カールストラウス) [アメリカ]


オーロラ ホッピヤリス IPA (カールストラウス)
Aurora Hoppyalis IPA (Karl Strauss)

マンゴーっぽい匂いで一番好きな匂いかも。

そこそこ苦い。

ホップはシムコ、モザイク、アマリロ、シトラだそう。

どおりでトロピカルでほんといい香り。

品川アンテナアメリカで購入。

クラフトビール図鑑 #5 モザイク イラプション (マザマ) [アメリカ]

モザイク イラプション (マザマ) [アメリカ]


モザイク イラプション (マザマ)
Mosaic Eruption (MAZAMA)



その名の通り、空けたらモザイクホップの

柑橘系の香りが噴出。

めちゃドライホッピングしてるんでしょうか。

苦味はしっかりのIPA。

成城石井で購入。

クラフトビール図鑑 #2 アイランダー IPA (コロナド) [アメリカ]

アイランダー IPA (コロナド) [アメリカ]


アイランダー IPA (コロナド)
Islander IPA (Coronado Brewing) 

アメリカのIPA、柑橘系のいい香り。

コロナドでまずは飲むならこれ、看板商品とのこと。

ホップはカスケード、チヌーク、コロンブス。

アンテナアメリカで購入。

クラフトビール図鑑 #1 デリシャス IPA (ストーン) [アメリカ]

デリシャス IPA (ストーン) [アメリカ]



デリシャス IPA (ストーン)
Delicious IPA (Stone Brewing)

クラフトビールの大御所StoneのIPA。

香り柑橘、後味がかなり苦めです。

ホップはレモンドロップとエルドラド。

品川アンテナアメリカにて購入。

香り:★
苦み:★
重さ:★★☆

クラフトビール図鑑 #3 トロピカル トルピード IPA (シエラネバダ) [アメリカ]

トロピカル トルピード IPA (シエラネバダ) [アメリカ]


トロピカル トルピード IPA (シエラネバダ)
Tropical Torpedo IPA (Sierra Nevada)

ホップはアマリロ、コメット、シトラ、モザイク、エルドラド。

シエラネバダの"魚雷"でドライホップされ、

マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツのようなトロピカルないい香りです。

この"魚雷"のお陰か、苦さもIPAにしては控えめで飲みやすいです。

品川アンテナアメリカで購入。

人気の投稿